おまとめローン審査通らない【消費者金融】銀行ですか?ノンバンク?

複数社から借りているローンを一本化することは大変メリットがあります。利息の軽減そして支払日を一括にしてくれますからね。しかしそのまとめローン(借り換えローン)の審査が通らない人の多いのも事実です。一重に金融機関でも銀行系かノンバンク系で審査が違うのも事実です。

nobank360x120.jpg

おまとめローン審査通らない

  1. おまとめローンの審査で考えられる通らない原因
  2. あやしいおまとめローンに要注意!
  3. 今注目のオリックス銀行カードローンに借り替え?
  4. 人によってはおまとめローンに借り換えしない方がお得
  5. おまとめローンで審査通らない人が通るようになったケース
nobank360x120.jpg
 

おまとめローンの審査で考えられる通らない原因

おまとめローンといえば、某銀行のテレビCMが放送するようになってから誰もが知る商品となりました。
テレビCMでも紹介されているように、複数の銀行や消費者金融から借金をして返済が滞ってしまったときに、1つの金融業者にまとめて一本化することで返済方法をスリム化するというものです。

おまとめローンもカードローンやキャッシングを利用するときのように、申し込み時には審査を受けなければなりません。
審査に通らないと一本化はできませんので、そうなると最終的には債務整理などの別の手段を検討することになっていきます。

現在の法律では借入金額によって、金利の上限に制限が設けられています。
融資額が高額になるほど、金利は低くなります。
少ない金額では金利が高いのですが、一本化すると金融機関一カ所で借り入れをしている金額が大きくなることから、借金総額に課せられる金利が低くなるというメリットがおまとめローンにはあるのです。

利息負担が軽くなれば当然返済金額が少なくなりますので、完済がラクになります。
金利は毎日かかっていくものですので、そんなおまとめローンに1日でも早く借り換えしたいところです。

審査落ちしないで一本化を成功させるためには通らない場合の特徴を知り、対処してから申し込みすることが効果的です。
おまとめローンに申し込みをする人は複数の金融機関から借り入れをしているのですが、4件以上の場合は審査に通らない傾向があります。
理由は、4社を超える借入れをしている人は多重債務に陥りやすいと考えられているためです。
4カ所以上から融資を受けていて件数を減らせるようでしたら、まずそこから取り掛かりましょう。

申し込みフォームには勤務先などの個人情報を申告しますが、勤続年数が長いほど審査に有利で、短いと雇用形態が正社員の場合でも審査に通らない傾向があります。
一カ所で腰を据えて長く働いている人の方が信頼されやすく、頻繁に転生する人などは収入が安定せずに返済がとどこおる可能性が高いと考えられるのでしょう。

申し込み条件の一つに安定収入があることがあげられていますので、正社員でまだ新人の方よりも、アルバイトで何年も続いている人の方が貸付の審査には有利です。
おまとめローンを扱っている金融業者によって審査基準はさまざまですが、3ヶ月以上働いていればOKというところもあれば、6ヶ月から1年は続いていなければ通らないという厳しいところもあります。

まだ現在の職場に就いて短く、待つゆとりがあるようでしたら、勤続年数がもっと長くってから申し込みをしてはいかがでしょう。
勤続年数にウソの情報を出せば個人信用情報機関のデータベースに登録され、バレて審査落ちの原因になります。
正直に申告することが、最終的におまとめローンに借り換えできることにつながります。
nobank360x120.jpg

 

あやしいおまとめローンに要注意!

おまとめローンは現在多くの金融機関が扱っていますので、選択肢が多過ぎるあまりどこがいいのか迷ってしまいます。
良心的なおまとめローンばかりならいいのですが、中には引っかかってしまうと危険な悪徳業者も紛れていますで注意が必要です。
おまとめローンを選ぶときには、どんなポイントに気を付ければいいのでしょうか。

おまとめローンに申し込みをしたら審査が実施されるのですが、場合によっては通らないこともないわけではありません。
あなたがまだ申し込みをしておらずこれから始めて手続きをする場合でも、宣伝文句にはその会社の特徴が表れていますので判断材料の一つになります。
審査に通らないなら原因があるはずなのですが、宣伝文句として「他社で審査落ちしていてもOK」「債務整理や金融ブラックの人でも一本化できます」などとうたっているところはほとんどがヤミ金です。
あやまってうっかり申し込みをしてしまったら、トラブルに巻き込まれかねませんので別のところを探してください。

こうした闇金に引っかかった場合のトラブルの一例として、「あなたの借金総額が大き過ぎるので債務整理をしましょう」と弁護士に引き会わされ、その業者弁護士紹介費用を搾取するという手口があります。

中には「紹介屋」という人たちがいて、自社のおまとめローンの審査は通らないが別のところなら一本化できると騙し、最終的に闇金に引き合わされてしまいます。
連れて行かれた闇金から紹介手数料を支払うように脅され、不当なお金を請求されます。
紹介する人といえば聞こえはいいですが、これは違法行為として処罰の対象になる犯罪です。

不動産を所有している方の場合は、不動産を担保に借り入れができる「不動産担保ローン」という、おまとめローンとは別の商品に契約させられるトラブルもあります。
担保として価値があるような不動産を所有しているなら、確かに不動産担保ローンを利用して借金の返済にあてるのは間違ったことではありません。
しかし、本人が納得しない状態で契約させられることがいいわけがありません。
もっと信頼できる金融機関の不動産担保ローンを利用すべきです。

もし仮に、その悪徳業者がいうようにおまとめローンを利用するより返済額が減るなど好条件だったとしても、ズルズルと言われるがままに契約をせずに断りましょう。
大切なお金にまつわることですから、他の選択肢もある中で慎重に後悔しない選択をしてください。

 
nobank360x120.jpg
 

今注目のオリックス銀行カードローンに借り替え?

オリックス銀行カードローンといえば、融資限度額が800万円と高額であること、さらに年率1.7%~17.8%と低金利であることから注目を集めている金融機関です。
おまとめローンはないかオリックス銀行カードローンの公式ホームページを見て探してみたのですが、おまとめローンという商品名ではヒットしませんでした。

しかし、オリックス銀行カードローンのWEBでのやり取りに特化していることから、申し込みのためにわざわざ店舗まで足を運んだり口座を作る手間がかかりません。
銀行は審査が終わるまで何日も待たされるところがあり、通らないのではと心配な日々を過ごさなければならないのですが、オリックス銀行カードローンは最短即日に結果がわかり対応がスピーディです。

銀行なので総量規制がないとことから、年収の3分の1を超える借り入れをすることが可能です。
おまとめローンは、銀行でなく消費者金融であっても「総量規制の対象外です」という説明書きをよく目にします。
ある程度まとまった借り入れ金額になっているなら、金利が良心的なオリックス銀行カードローンに借り替えするというのも完済に近づく一つの方法かもしれません。
ちなみに、オリックス銀行カードローンは銀行なので、貸し付けをしてその利用者が返済を滞納したとしても保証会社が肩代わりしてくれるので、安定した運営が続けられます。

オリックス銀行カードローンは一般的なカードローンやキャッシングと同様に、利用するにあたって連帯保証人や担保を用意する必要はありません。
いくら低金利でも毎月の返済金額が高くなると負担になってしまいますが、月々の返済最低額は低めなので着実に返していけるでしょう。
例えば、借入残高が30万円より少ないなら、1ヶ月7,000円以上の返済でOKです。

近所にオリックス銀行カードローンの支店やATMを見かけた記憶がないけれど大丈夫かなと心配されるかもしれませんが、現在利用可能な提携ATMが全国に95,000台以上あります。
ATMの手数料は0円なので、無料で融資を受けたり返済することができます。

 
nobank360x120.jpg
 

人によってはおまとめローンに借り換えしない方がお得

おまとめローンに借り換えをして一本化しようとしている人は複数の金融業者から融資を受けている状況にあり、これまで何度となく返済を行ってきた人のはずです。
融資を受け始めたときの元金とは、借入残高が違っているでしょう。
借り入れをしてからまだ一度も返済をしたことがないという場合であっても、金利が加算されていきますので、元金=借入残高ではないはずです。

おまとめローンに申し込みをするか考えているなら、今の時点の残高や利率などをもう一度確認してみることをおすすめします。
もしかしたら、おまとめローンに移行しないでこのまま最後まで返済を続けた方が、利息の合計金額がお得という可能性もあります。

おまとめローンについてすでにリサーチをしていて、一本化してしまった方が月々の返済金額が少なくなるという方もいるかもしれません。
しかし、月々の返済額が安くなった場合、逆に返済期間が長引いてしまっているというケースもでていますから気を付けてください。
利息は借入残高に対して完済するまでずっとついてきますので、毎月の返済額が大きいほうが最終的にその金融機関に支払う総額が安くなることがあります。

おまとめローンを扱っている金融機関のホームページを見てみると、借入残高などの数字を入力するだけで返済シミュレーションができる便利ツールが、タダで提供されているところがあります。
そういった返済シミュレーションのツールは多くの金融機関のサイトにありますので、活用してみてください。
おまとめローンに申し込みをしたけれど審査に通らないという方は、もしかしたら逆に借り換えしなくてよかったということもあるかもしれませんよ。

名称がおまとめローンの金融商品でなくても、一般的な銀行カードローンにまとめるだけでも現在より有利になるケースがあります。
銀行カードローンは限度額が高いので、多くの場合複数箇所からの借入れを十分にまとめられます。
しかも、銀行カードローンならおまとめローンとは違い必要に応じて何回も借入れが可能です。
おまとめローンの審査になかなか通らない方は、こだわらずに別の方法も検討してみてはいかがでしょう。


 
nobank360x120.jpg
 

おまとめローンで審査通らない人が通るようになったケース

おまとめローンに以前申し込んだことがあるけれど、審査に通らないのであきらめたという方も少なくありません。
しかし、その後状況が変わったので再度おまとめローンに申し込んでみたら一本化できたというケースもあります。

おまとめローンというと複数の金融業者から借り入れをしている方が申し込むのですが、あまり件数多くなってしまうと審査に通らない原因になります。
がんばって毎月コツコツ返済を続け、前回申し込み時より件数を減らすことができたので再チャレンジしたところ、読みが当たって審査に通過したという事例がありました。

最初の申し込みフォームには氏名や住所などの他に、勤務先や年収などの個人情報を申告しますが、年収が高くなることもあるでしょう。
年収が上昇したのをきっかけにおまとめローンに申し込んでみたら、いい結果が得られたというケースもあります。

収入アップの他にも、アルバイトとして勤務していた会社で正社員登用された、以前は入社したばかりの新人時代に審査を受けて落ちたが勤続年数が増えた、責任のある役職に昇格したなど、審査に有利に働く変化はいろいろあります。
状況が変わったことがあれば、審査にいい影響を与えられないか考えてみてはいかがでしょう。

多重債務をしていて一カ所の金融機関にまとめたいという場合、おまとめローンという名の商品に借り換えすることにこだわらなくても、同じ内容のことを別のローンですることもできます。

大手銀行のホームページを見てみると、意外とおまとめローンという商品を扱っていないことに気が付きます。
銀行カードローンがありますので、そちらを利用すればおまとめローンと同じ借り換えができてしまうことも理由の一つでしょう。

銀行員の方から、銀行カードローンで他社の借入れをまとめないかと打診されたという話もあります。
おまとめローンにこだわりすぎなくても、今ある借金を完済させる方法はあるかもしれません。
視野を広く持って、別の選択肢がないか考えてみてはいかがでしょうか。
nobank360x120.jpg