おまとめローン審査通らない【消費者金融】銀行ですか?ノンバンク?

複数社から借りているローンを一本化することは大変メリットがあります。利息の軽減そして支払日を一括にしてくれますからね。しかしそのまとめローン(借り換えローン)の審査が通らない人の多いのも事実です。一重に金融機関でも銀行系かノンバンク系で審査が違うのも事実です。

nobank360x120.jpg

ローン審査の甘い所

2018年05月02日 17時07分

  1. ローン審査の甘い所 消費者金融
  2. ローン審査の甘い所 銀行
  3. ローン審査の甘い所 保証会社
  4. ローン審査の甘い所 限度額
  5. ローン審査の甘い所 多重債務者
 
nobank360x120.jpg
 

ローン審査の甘い所 消費者金融

ブラックでも貸します!車に乗ったまま気軽にキャッシング!無審査で即日融資!というような、甘い宣伝文句を書いた張り紙を見た事ありませんか?
公衆電話の電話ボックスや、電柱に貼られている事が多いようです。

こういう業者は審査が甘い!
というか、ほぼ間違いなく貸してくれます。
それはなぜかというと、ほぼ間違いなく非正規の悪徳金融業者、いわゆるヤミ金の可能性が非常に高いからです。
そういう業者は、貸付けて法外な金利を請求してきます。
また返済期限などに遅れたら、
昼夜問わず取り立てにきます。

いくらお金を貸してくれるとはいえ、そんな業者にひっかかったのではたまったもんじゃないですよね?
ですので、そういった業者の張り紙などには絶対に電話しないようにしましょう。
しかし、もし、あなたがブラックである場合、
他にお金を貸してくれるような金融会社はないじゃないか!と思われるかもしれませんね。

そういう時は、審査の激甘な街金と呼ばれる、中小消費者金融で審査を申し込みましょう。
街金は立派な正規の金融会社ですので、金利も法律の範囲内ですし、もちろん無理な取り立てなども致しません。
審査も、それなりにしっかりとは行います。
その中でブラックだったとしても、ちゃんと働いていて返済能力があると判断されれば、
融資してくれるというケースも普通にありますので安心してください。

ただ、全部が全部の業者が貸してくれるというわけではありません。
やはり、信用情報機関に、金融事故情報が載っているブラック状態というのは、どの業者も嫌がります。
特に銀行や大手消費者金融は、絶対に嫌がって審査落ちさせてしまいますので、
可能性があるとしたら、中小消費者金融だけです。

またブラック対応している業者でも、そのまま融資してくれる場合もありますが、
保証人や保証会社を付けてくれという場合もあります。
もし保証人などを付ける事ができるのであれば保証人をお願いすればいいですが、
大抵の場合嫌がられますので、その時は他の業者も検討してみましょう。
 
▲メニューに戻る
 
nobank360x120.jpg
 

ローン審査の甘い所 銀行

銀行でフリーローンを申し込んだ事はありますか?
限度額が高く、金利も安いので、
非常に使いやすいカードです。
年収が高い大手企業勤務の会社員の人などは、何百万という限度額で審査に通る事ができます。

しかし、限度額が数百万円もあるようなカードローンでキャッシングすると、返済の時の金利が、非常に大きな負担となります。

例えば銀行系カードローンで審査が激甘と言われている、
楽天銀行スーパーカードローンで、100万円キャッシングした場合年利は約10%です。
つまり、最低でも110万円は返済しないといけなくなりますので、とても大変です。
金額がおおきくなればなるほど、金利の返済というのは大変になりますので、
安易に借入限度額が高いというのを喜ばないようにしましょう。

一方、リーズナブルな限度額設定がされているのは、消費者金融です。
自営業や専業主婦などの属性の人でも、
気軽に審査を通過できるのが、消費者金融カードローンのいいところです。

大手消費者金融などであれば、銀行系カードローンには劣るものの、
それでも、100万円以上の限度額で貸してくれる場合もあります。
ここで気になるのが、ではブラックになっている人もこういった大手で、
100万円程度の限度額で、キャッシング審査に通るのかという点です。

結論からいうと通りません。
ですが、中小業者の街金などであれば、審査に通る可能性は十分にあります。

中小消費者金融はブラック対応している業者が多いので、
自分がブラックだからと、諦めてしまっている人でも可能性を見出せます。
ただし、借入限度額という点で考えると、正直あまり高額にはなりません。
というのも、ブラックの人というのは過去に債務整理や自己破産などをしている、
もしくは、借金の返済で延滞などのトラブルを起こした人という事になりますので、
そういう人にいきなり高額な限度額で貸付けるのは、リスクが高すぎるのです。

つまり、最初は低い限度額で融資するというわけです。
ただし、審査を通過できる業者があるだけマシなので申し込んでみる価値はありそうです。
 
▲メニューに戻る
 
nobank360x120.jpg
 

ローン審査の甘い所 保証会社

カードローンなどでお金を借りる際、保証人不要というキャッチフレーズで、気軽に貸してくれる事をアピールしている場合があります。
大手企業などに勤務しているエリートの人であれば、そのまま保証人不要で貸してくれますが、
実際には保証人不要でも、保証会社を付けてもらえれば、融資しますというケースも多いようです。

しかし、銀行やカードローン会社の多くの保証会社は、アコムなどの大手消費者金融が保証会社となっており、
大手消費者金融などで審査を申し込み落ちてしまっている場合、なかなかその保証会社の審査には通りません。
つまり結局のところ、例えばブラックなどの人は保証人不要といいつつ、
審査に通らないので、保証人を付けてもらえればお金を貸しますという事になってしまいます。

ブラックになっている人というのは、信用情報機関に金融事故の事故情報が記録されてしまっており、
その事故情報が消えるまで、お金を借りたり保証会社が必要な場面、
例えば、引っ越しで家を借りる時などの、保証会社の審査には基本的に通らないようになっております。
ですので、ブラックでお金を融資してもらえる金融会社というのは、
中小消費者金融などの街金という事になります。

中小消費者金融であれば、本当に保証人も保証会社も不要で、貸してくれるケースも多く存在します。
また、身内で一人だけ保証人になってもらえれば、貸しますという場合もあります。
ただ、昔と違って保証人になってくれといっても、実際本当に保証人になってくれる人を探すのも大変ですし、
頼む方も、頼まれる方も、あまりいい気はしません。

ですので、中小消費者金融はカードローン審査は甘いのですが、
その中でも、保証人などを不要としている業者を探していきましょう。

実際に、保証人不要で貸してくれる業者はあります。
ただしその場合、最初の限度額はかなり低い設定ではじまりますので、
信頼関係を構築して、限度額を上げてもらえるように頑張りましょう。
この消費者金融時代では、業者との信頼関係は非常に重要となってきますので、
他を払わなくても、まず業者への返済と覚えておいてください。
 
▲メニューに戻る
 
nobank360x120.jpg
 

ローン審査の甘い所 限度額

カードローンの申し込みをする時に気になる事として、
限度額があります。
気軽にキャッシングでお金を借りる事ができるので、低い限度額だと、すぐに限度額いっぱいになってしまいます。

基本的に銀行系のカードローンは限度額が高いものが多く、大手銀行やネット銀行などでは、最大限度額800万円というのが多く、使い道も自由なフリーローンです。
それだけあったら、かなりいいなと思いますよね。

また、消費者金融でも大手消費者金融であれば、
100~300万円程度の限度額になる場合もあります。
ただ、銀行や大手消費者金融でこのような限度額で借りるというのは、
大手企業などに務める人でないと、なかなか難しいのが本音です。

因みにもし、数百万円の限度額で審査に通ったとしても、
何百万ものフリーローンでキャッシングしていると返済が非常に大変になります。
つまり、金利分だけでもばかになりません。
ですので、返済能力が高い高収入者でもないかぎり、借入限度額が高すぎるというのも、
あまりメリットではないという事を覚えておきましょう。

では、どの程度がおすすめかというとそれは、利用者の環境にもよりますので一概にはいえませんが、
フリーのキャッシングであれば、50万円前後あれば十分なのではないでしょうか?
そこで審査基準も甘く、専業主婦や信用情報機関に、
金融事故情報が記録されてしまっているブラックにも対応もしている、
中小消費者金融の融資を受けるのがオススメです。

最近の中小金融会社は対応も早く、カード発行もスピーディーです。
また、カードではなく申請をネットで行い、即日口座に振り込んでもらえるような方法もあります。
その辺は、好みに応じて選ぶといいかもしれません。
因みに気になる利用限度額ですが、大手のように大体同じくらいではないのが中小業者です。
限度額が10万円くらいの業者もあれば100万円という業者もありますが、
ブラックの場合は、やはり審査に通過したとしても、限度額は低いというのが実情です。
地道に信頼を勝ち取って、限度額を上げていきましょう。
 
▲メニューに戻る
 
nobank360x120.jpg
 

ローン審査の甘い所 多重債務者

銀行や消費者金融の審査時に、重視される審査項目の中に、現在の借入額というものがあります。
申込者が債務整理や自己破産、延滞などで金融事故を起こしていないかという点は、一番重要視されますが、それと同じくらい借入額というのは大事になってきます。

1社から多く借りている場合はまだマシなのですが、数社から借りている場合、返済が大変になってくる多重債務者になってしまっているので、自社の返済をしっかりしてもらえるかという点で、信用がなくなってしまいます。
ですので、多重債務者に対しては、
特に、注意した審査を行うとのことです。

また、銀行は関係ありませんが、消費者金融は貸金業法の総量規制の範囲内で、
貸付けを行わなければいけません。
他社借入総額が既に、年収の3分の1程度あった場合などは貸付ける事ができません。

一見ケチな規制なようにも思えますが、消費者が借金を重ね過ぎて、
生活苦になってしまわないように考慮した規制ですので、
これは貸金業者としては、必ず遵守しなければいけない決まりになっています。

ただし、多重債務救済手段としてまとめローンがあります。
まとめローンは、複数の借金を一本化して返済を楽にするローンです。
もしも多重債務で困っているのであれば、まとめローンを利用するのもひとつの方法です。

ただ、多重債務でひっ迫している状態の人に対して、
銀行などの金融機関や大手消費者金融はあまり良い判定をしてくれませんので、
いくらまとめローンでも、審査に落ちてしまう場合もあります。

そういう場合は、審査の甘い中小消費者金融で、まとめローンの申し込みをするのがおすすめです。
まとめローンというと、みずほ銀行などのメガバンクなどが有名ですが、
消費者金融でも利用する事ができ、総量規制対象外となるので、消費者金融で気にする事なく申し込めます。

さらにその中でも中小は審査が甘いので、まとめローンを申し込むにはうってつけです。
大手消費者金融などでダメだった場合は、中小で申し込んでみてください。
 
▲メニューに戻る

nobank360x120.jpg
nobank360x120.jpg