おまとめローン審査通らない【消費者金融】銀行ですか?ノンバンク?

複数社から借りているローンを一本化することは大変メリットがあります。利息の軽減そして支払日を一括にしてくれますからね。しかしそのまとめローン(借り換えローン)の審査が通らない人の多いのも事実です。一重に金融機関でも銀行系かノンバンク系で審査が違うのも事実です。

nobank360x120.jpg

まとめローン審査通らない

  1. 大手のおまとめローンの審査に通らない人は中小消費者金融で一本化
  2. おまとめローンでも審査に通らない人ってどんな人?
  3. おまとめローンの審査に通らない場合はどうする?
  4. おまとめローン審査に通らない独身男性のパターン
  5. おまとめローン審査に通らない人にならない方法
 
nobank360x120.jpg
 

大手のおまとめローンの審査に通らない人は中小消費者金融で一本化

銀行や消費者金融でお金を借りてばかりいると、返済が大変になってくるものだと思います。特にカードでお金を借りるとなると便利な反面、各会社へ金利を払う事となり返済回数も増えてくる事でしょう。金融機関を沢山利用すればする程、返済はとても大変なものとなってきます。

ですから、金融業者でお金を複数借りられた方なのであれば、これが返済困難となり事故情報にもつながり兼ねませんので、多重債務者になるようであれば、必ず返済の一本化をしておくようにして下さい。これをしないと、何処の審査も通らない人となってしまう可能性が高いです。

しかし、これがうまく出来ない場合もあります大手の消費者金融や銀行では、これが対応出来ないケースもあるので、もしも大手のおまとめローンに対応しなかった場合は、下記の方法でうまく大手以外の中小消費者金融のおまとめローンを利用して乗り越えてみましょう。
 

中小消費者金融のおまとめローンでうまく借金を一本化

大手がだめで審査に通らない人でも、審査の甘い中小消費者金融のおまとめローンで借入すれば各社の借金返済をうまく一本化出来るので、これ以上お金が借りれずに限度額オーバーで複数のカードを作ってしまった人であれば、多重債務脱出も兼ねておまとめローン申し込みをしておくと良いでしょう。

返済額は減らないと思いますが、例えばA社B社C社D社で借入している場合の各金利をカットする事が出来、一本化の金利のみで返済していけるメリットがあるでしょう。
 
nobank360x120.jpg
 

総量規制オーバーでもお金が借りれるおまとめローン

総量規制が原因でお金が借りれない場合でも、銀行じゃなくても総量規制対象外でお金が借りれる方法として、勤続年数や収入があって返済出来る人の総量規制対象外の融資方法であれば、おまとめローンが消費者金融では総量規制なしの扱いとなるようです。これなら、銀行で審査に通らない人でも大手の消費者金融でおまとめ出来ますよ。

しかし、大手がだめな人もいると思うのでやはりここは大手で借りれないのであれば、中小消費者金融であればおまとめローン審査に通る可能性があると言えるでしょう。
 

おまとめローンでラクラク返済

利用限度額オーバーや総量規制オーバーでお金が借りれない人や、東京スター銀行の審査に通らない人でも、借入先が消費者金融であればおまとめローンでお金が借りれるし、借り換えローンがあれば再び私的使用目的のお金も借りれるようになるでしょう。

借入件数があまりに多くなると、多重債務も度が過ぎればおまとめローンが利用出来なくなる可能性もあると思います。大抵はおまとめローン審査であれば、甘いので通る事が期待出来ます。返済金額の一本化によって金利も一本化となれば、返済回数も一回のみとなってくれるので、信用情報機関にブラックの事故情報が記録される事もないでしょう。

以後は又当たり前のように、モビットや東京スター銀行でお金が借りれるかもしれません。一本化返済を地道に終わらせつつ、通常通りのカードで借入が出来ると思いますので、今借金の借入件数が多いとか、総量規制オーバーや限度額オーバーで融資がろくに受けられない人がいましたら、延滞も含めて一本化して楽に返済してください。

大手でうまく審査に通らずにおまとめローンが出来ない場合であれば、中小消費者金融でうまく借金一本化してみて下さい。
 
▲メニューに戻る
 
nobank360x120.jpg
 

おまとめローンでも審査に通らない人ってどんな人?

カード審査に通らない人の属性と言えば、誰でも信用情報の事故情報を疑いたくなるというものですが、銀行や消費者金融でお金が借りれない人の中には、多重債務という属性もあるようです。

こんな人は返済がろくに出来ていない状態か、出来ないのにお金を借りようとしている。他社延滞なども含めて、お金が返済出来ないのにカード申し込みしてしまう人の部類のようです。

どうやってもお金が借りられないのに、無理に借りようとすれば最悪申し込みブラックで、事故情報が登録されてしまう場合もあるようです。

よって、この多重債務をなんとかしなければ、もう銀行や消費者金融で通常通りの借入が出来なくなる恐れがあります。という事は、金融機関で何処の審査にも通らない可能性が出てくるという事ですね。ですから、そうならない為に返済を頑張りましょう

ちなみに、自力返済はかなりきついものがあると思いますので、ここはおまとめローン一本化返済で金融業者からの借入分を返済していけるようにしていきましょう。

え?でも待って。消費者金融には総量規制があるから、年収の1/3以上借りられないのでは?実は、総量規制対象の消費者金融でもおまとめローンであれば、例外として総量規制対象外で融資が受けられる仕組みとなっているのです。

だから、借入件数が多いから各金利や返済額を返済していくなんてしなくても、一本化でまとめて返済していけば自分の収入が毎回一気に飛んでいく事もなければ、債務整理をして信用情報機関に事故情報が載るなんて事もありません。しかし、さすがにおまとめローンと言ってもカード会社の審査が必ずありますので、必ず返済目的のおまとめローン融資が受けられるのかと言えば、そうではありません。。

A社やB社から借入したお金を一本化で返済したい場合であれば、審査には通る可能性が高いですが、これがA社B社C社D社なんて複数過ぎる場合は、多重債務の一本化となると申込者の収入や年収返済能力によっては、審査に落ちる事もあるようです。

ですので、債務整理していなくても、このような多重債務であればおまとめローン審査に通らない可能性も高く、返済目的でもお金が借りれない人となってしまうかもしれません。当然東京スター銀行でも対応が難しいかもしれません。こんな人は審査に通らないからと、担当者を責めたりしないようにして下さい。

そういう意味で考えますと、おまとめローンでお金が借りれる人はまだまだ幸せでしょう。利用限度額や総量規制オーバーで、おまとめ一本化出来るだけでも返済は楽になれるし、余分な金利返済も無ければ今後の収入にも左右されるというものです。

結論からすると、借金返済や多重債務がどんどん酷くなる前に一本化して返済していくべきなんだと思います。心あたりある方は早めに申し込みしておいて損は無いかと思いますよ。このままでは限度額も超えて借入も出来なければ、借入件数は多いのに返済目的の融資も受けられない立場になってしまう事もあるでしょう。通常通り東京スター銀行やモビットで借入したいと思うのであれば、おまとめローンで早く融資を受けるようにしておいて下さい。
 
▲メニューに戻る
 
nobank360x120.jpg
 

おまとめローンの審査に通らない場合はどうする?

銀行や消費者金融で返済に苦労しているのであれば、もしかして多重債務ですか?金融機関であれこれと借入を繰り返していると、絶対に返済で躓く事となるでしょうから、出来るだけカードによる借金は消費者金融又は銀行の指定した会社で、一本化するようにしましょう。

このままでは、A社やB社などに同時に余分な金利返済をしなければいけませんし、元金も同時返済となっていくでしょうから、月々の返済も苦しくなってくる事だと思います。

出来れば金融業者から複数の借入がある場合や、借入件数がある人はこれ以上の多重債務にならないように、なんとかおまとめローンで一本化して下さい。

消費者金融や銀行でも、総量規制対象外のおまとめローンならば借入出来るので、総量規制が原因で借入が出来ない人でも借入出来るチャンスがあると思います。今の状態であれば信用情報機関にも事故情報がないと思いますので、借入限度額がオーバーしていたり総量規制を超えているような多重債務があるとしたら、即刻一本化して返済面を補助していけるようにしましょう。

返済しなければ信用を失うリスクも高くなるでしょうし、これれで返済額が払えないのであれば延滞する人もいるでしょう。出来るだけ返済しやすくする為にも、A社やB社の借金返済はC社で一本化してみましょう。おまとめローン審査でも収入と勤続年数などは大事ですので、最低限返済していける能力がある方が申し込みして下さい。

ただ、それでもだめな場合もあるでしょうから、こんな人は多分多重債務がよっぽど酷くお金が借りれないんだと思います。そんな場合は、カード会社や消費者金融、銀行じゃなくて審査の甘い業者もありますので、返済専門ローンに強い審査の甘い業者で一本化してみて下さい。少なくとも、東京スター銀行やモビットより借入しやすいはずですよ。

ただ、それでも本当の本当にだめだった場合も想定する場合には、これ以上カードも利用出来ないでしょうから申、し込みしてもおまとめローン一本化も無理かもしれません。A社B社の借金をC社で一本化出来ないんだとしたら、何処の審査にも通らない可能性が高く、今後の返済にも不安が見え隠れしてくる事でしょう。

もう絶対に返済していける自信が無くて、可能性が無いと思うようであれば、デメリット覚悟でA社とB社の借金を債務整理するしかないでしょう。月々の返済はこれで少なからず楽になると思います。しかし信用情報機関に事故情報は必ず登録されてしまうので、以後のカード利用は出来ませんし申し込みも出来なくなるでしょうこんなデメリットがあっても良いのであれば、一本化も無理であれば債務整理で解決してみてください。

中には、本当に延滞が続いていて凄く多重債務の人もいるのかもしれません。こんな人がいくら正社員で、それなりの収入や年収があるといっても返済がそれを上回ってしまっているのであれば、返済能力は乏しいです。

よって、返済額の合計が大きすぎる人はこのまま返済するのも困難だし、一本化も出来なければ各会社の金利も発生して、支払い返済はお手上げとなってしまうでしょうから、こんな多重債務者が他に良い方法を知りたいのであれば、借り入れや申し込みは諦めて、債務整理するが一番の解決策となります。
 
▲メニューに戻る
 
nobank360x120.jpg
 

おまとめローン審査に通らない独身男性のパターン

ある正社員の独身男性がカードで借り入れしまくっていたのが理由で、お金が借りられないんだとしたら、何をどうすればお金が借りれるようになると思いますか?言わずとも知れた事、借金の返済ですよね。

恐らくこの男性は、キャッシング枠やショッピング枠の限度額ぎりぎりまで使い切ってしまい、別のカードでお金を借りようとしていたのかもしれません。よって、こんな人が収入を稼いでいた所で、翌月返済で収入もかなり飛ぶ事が想定出来るというものでしょう。

しかし、月々返済が大変なのにも関わらず、まだお金が借りれると別のカードで借り入れを検討しているとしたら、この男性は絶対にお金が借りれない人となってしまうでしょう。

A社B社C社からカードで借り入れしていたとすれば、消費者金融や銀行では2件が借入件数の限度と言われておりますので、多重債務でお金が借りれない或いは、総量規制で消費者金金融から借りれない属性となってしまうのです。

ですが、この男性はこりもせずにD社からもお金を借りておりましたから、もう絶対に何処の金融機関でもお金が借りれる事はないでしょう。そして、審査にも決して通らないであろうと思います。E社へ申し込みしたくても即融資は否決です。その理由に、どうやらこの男性返済が苦しくて返済が出来なくて、延滞していたとの事です。

残念ながら、消費者金融や銀行ではこんな人に融資は不可能。最悪、もう既に信用情報に延滞による事故情報が登録されている可能性もあります。恐らく多重債務も度が過ぎれば、借り入れも全く出来なくなったという感じでしょう。あげくの果てには返済も出来ないとなれば、何故早めに一本化しておかなかったのか…。

悲しいことに、今更おまとめローンなどに申し込みしても度が酷い多重債務確定ですので、絶対に審査に通らないでしょう。東京スター銀行やモビットとも対応してくれないでしょう。せっかく収入もあって勤続年数もあるのに、これでは正社員でもお金が借りれないまま返済も出来なければ、債務整理しか出来ないなんてオチです。

早い段階で一本化しておけば、まだこんな事にはならなかったのに、調子に乗って複数の借り入れ件数からお金を借りたあげく、もう何処からもお金が借りれない身となってしまったと思えば何とも悲しい話ですよね。先の事を考えないで借り入ればかり繰り返していると、こうなるという事が皆さんもわかったのではないでしょうか?

当然返済金額も高く、各社の金利も合計合わせて返済となれば、々の返済は負のループとなるでしょうね。多分今頃もう債務整理している頃かもしれません。よって、債務整理後は絶対に信用情報に事故情報が載るので、以後は金融機関でお金が借りれない身となるのです。

以後はどんなに担当者に相談しようが、申し込みしようが審査に通らない事確定です。カードが一生作れないわけではありませんが、長くに渡ってもう何処からもお金が借りられないでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
nobank360x120.jpg
 

おまとめローン審査に通らない人にならない方法

銀行も消費者金融も信じられない。きっと、何回も審査に落ちたのかもしれません。しかし、自分がもし債務整理なんてしていないのに、お金が借りれなくて審査に通らないとすれば、それはまだお金が借りれる可能性があるかもしれません。

例えば、銀行や消費者金融で信用情報に事故情報がないのに、お金が借りれないとか審査に通らない場合は、金融機関からブラックでお金が借りれないわけではないという事となるので、その他の原因があってお金が借りれない事が考えられるでしょう。

となると、総量規制が一番疑われるべく点かと思いましたので、総量規制対象外であればまだまだ借り入れが出来る身分だとわかるでしょう。ちなみに、消費者金融の総量規制は年収の1/3以上借り入れが出来ない制度となりますが、おまとめローンなどの返済目的融資であれば、例外として総量規制外で融資が受けられるのです。

よって、総量規制でお金が借りれない人は借入件数を一本化してしまえば、債務整理前の人であれば融資が受けられるのです。銀行でお金を借りるという方法でも、総量規制対象外で融資が受けられるので、これはこれで検討してみても良いかと思います。

ちなみに、おまとめローンというのは例えばA社とB社から融資を受けている場合、C社で一本化して返済していける返済方法であり融資プランとなりますので、月々の返済で困っているとか、何回も返済していてはせっかくの収入も台無しなんて思っている人が、利用出来るサービスとも言えるでしょう。

しかし、返済能力が無ければ債務整理をするしかないので、おまとめローン審査に通らない場合は債務整理をして、信用情報機関に事故情報を登録する結果となるでしょう。返済額が払えるのであれば、おまとめローンの一本化は大変有効です。ですが、多重債務が酷く申込者が返済出来ない立場であれば、おまとめローン審査に落ちるでしょうから、こんな人は債務整理で一気に楽になる方法を取るしかありません。

債務整理後はカードでお金が借りれないし、ショッピングカード利用も不可能です。勿論、A社B社から今後一切お金を借りる事も出来ないでしょう。これが東京スター銀行やモビットなんかであれば、かなり痛手だと思います。

いざという時に頼りになる有名カードも使えないとなれば、借入も今以上に困難になってくるでしょう。出来れば早めに多重債務悪化を予知して、カード利用者は借金の一本化を検討して下さい。じゃないと、まだ大丈夫と思っているうちにA社B社C社D社と、返済額は膨らんでいる可能性もあれば余分な金利が更に発生している可能性もあるのです。

こんな時に担当者に返済出来ませんなんて言えないと思いますから、出来るだけ借り換えローンなどは2~3件の借入件数を目処に、申し込みしておくべきだと思います。独身であって、まだ返済不可能の多重債務ならば債務整理しても良いかもしれません。妻がいるのであればさすがに気まずいと思いますし、子供もいたら親が事故情報を持っているなんて、何とも情けないと思われてしまうでしょう。

正社員のせっかくの収入も借金返済ばかりでは情けないので、勤続年数もそこそこあるのであればそこはプライドを持って、早めに借金の一本化をして債務整理なんてしないで良いようにしておきましょう。勿論、どうしてもだめならば債務整理する以外方法はないでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
nobank360x120.jpg

まとめローンの審査と電話料金の深い関係

2017年01月27日 13時03分

まとめローンは、銀行や消費者金融の商品で、普通のキャッシングとは違います。 大きな特徴として、総量規制対象外の商品も多く、年収の3分の一以上の高額な借入ができることです。 ですから、現在多重債務で…

まとめローンの申告で嘘は厳禁 絶対にバレます

2017年01月27日 13時05分

現在、多重債務で困っている方で、低金利のまとめローンに申し込みをしたけれど、なかなか審査が通らない方もいます。 ある方の経験談ですが、最初にシミュレーション的に、簡単入力でwebで申し込みをしたとこ…

勤務年数がネック 転職したてのまとめローンの場合

2017年01月27日 13時06分

まとめローンの審査の中で、勤務年数が項目としてあります。 例えば、数ヶ月前にヘッドハンティングで転職をしたり、以前よりも年収が高くなっていることで、勤務年数は短期間ですが、年収が遥かに高くなっている…

まとめローンの審査が通りやすくする方5つの方法

2017年01月27日 13時08分

まとめローンの審査が通らないと何度でも申し込みをしてしまうのもマイナス行為です。 AがダメならB、BがダメならCと1ヶ月に何度も申し込みをしてしまうと、この方はお金に困っていると判断されます。 審…
nobank360x120.jpg